武豊騎手、おめでとう! 前人未踏の「2944勝」達成

武豊騎手、おめでとう! 前人未踏の「2944勝」達成

ついに武豊騎手かやってくれた。

この若さでこの騎乗回数での達成は、“立派”のだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000011-kiba-horse

21日、小倉12R・有明特別(芝1200m)でヒシワンスモア(牝4、
栗東・佐山優厩舎)が優勝。

騎乗していた武豊騎手(38、栗東・フリー)は、JRA通算勝利数を
2944としてJRA歴代最多勝記録を更新した。

なお、これまでのJRA最多勝記録は岡部幸雄元騎手の持っていた
2943勝(18591戦目、デビューから37年10か月)。

武豊騎手はこの記録をデビューから20年4か月、14104回目の
騎乗で越えた。

武豊騎手は、69年3月15日生まれ、京都府出身。

父は騎手時代に1163勝を挙げた武邦彦調教師。

87年3月1日にデビューし、同年に初重賞となった京都大賞典
(GII、トウカイローマン)など69勝を挙げ、加賀武見元騎手の
持つ新人年間最多勝記録(58勝)を27年ぶりに更新した。

88年菊花賞(スーパークリーク)でGI初制覇を果たすと、
その後も全国リーディングに16回輝くなど、数々の記録を
塗り替えてきた。

また、05年にはディープインパクトでクラシック三冠を制す
など、212勝を挙げてJRA年間最多勝記録を更新。

これまでに重賞はGI・58勝を含む245勝を挙げている。

21日終了時点のJRA通算成績は14104戦2944勝、地方609戦129勝。


デビューから記録ずくめの活躍である。

ここまでの実績を出せたのは本人の才能、努力だけでなく
周りの関係者の協力もあったからだろう。

大柄な体格なので、体重コントロールにも気を使う毎日
だろうし、常に勝負の世界だから、我々にはうかがい知れない
葛藤もあるだろう。

今後とも海外も含めますますの活躍を祈る。


楽天市場を見ていたら、武豊と縁のあるこんなものを見つけた。

ファンにとっては一生の記念になるかも?

トレーディングカードの楽天ランキングもおもしろい。


これでスポーツの人気度がわかる?




posted by ニュースキャスター at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。