深キョンの“巨乳ショット”初披露は何のため?

深田恭子こと深キョンが巨乳を初披露したのは何のためか。

それはドラマの宣伝であった。

女優の深田恭子(24)が、7月5日スタートのフジテレビ系
ドラマ「山おんな壁おんな」(木曜・後10時)で、豊満な胸を
持つ通称「山おんな」を演じることが決まり、“巨乳ショット”
を初披露した。

天然キャラで癒やし系のデパート販売員・毬谷まりえ役。

主演の伊東美咲(30)は“貧乳”に悩む通称「壁おんな」を
演じ、対照的な2人が織りなすコメディーだ。

胸を推定Hカップに膨らませた深キョンは「これだけ大きいと
そんなにエッチじゃないですよね」と笑顔。

16歳当時で既にB86・W60・H88センチを誇った
ナイスバディーをよりパワーアップさせ、ドラマデビュー
10周年を飾る。

主演の貧乳、伊東美咲よりも深田恭子の方が話題になるのは
やはり男は巨乳好きが多いからか?

しかし、「山おんな壁おんな」という題名もすぐわかる
表現だ。

ヒットの匂いがするぞ!
posted by ニュースキャスター at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。