ミニのミニモニが女子体操界に出現

ミニのミニモニが女子体操界に出現とは、どういう意味だ。

つまりミニモニよりもミニの代表が女子の体操界に
登場したのだ。

これは話題になるか!

昔は魅せる女子種目の代表だった女子体操界も低年齢化に
よって、サーカスのようなアクロバットになっているが・・・

体操NHK杯兼ドイツ世界選手権最終選考会2日目(10日・
千葉ポートアリーナ)、個人総合2回目を行い、女子で身長
130センチ台の“ミニ・ミニモニ”中学生コンビがワンツー
フィニッシュで、代表に初選出された。

初日2位だった138センチの鶴見虹子(こうこ)(14)
=朝日生命体操クラブ=は59・800点をマークし、
通算175・975点で初優勝。

139センチの山岸舞(15)=戸田市スポーツセンター=は
58・450点で計175・575点の2位に入った。

男子は桑原俊(徳洲会)が269・400点で初制覇した。

身長150センチ以下だった芸能界のかつてのアイドル
「ミニモニ」をさらにしのぐ、140センチ以下の
“ミニ・ミニモニ”が体操界に登場した。

ミニモニより身長で約10センチも低い鶴見と山岸は大きい人に
負けないガッツと技術でドイツ切符を手にした。

五輪前年の世界選手権は年内に15歳を迎えれば出場可能と
なっており、130センチ台の小柄な体で代表の重責を担う。
 
身長の低さは体操選手として利点もあるが、思春期の女の子には
悩みの一つ。

鶴見は昨年、東京ディズニーランドのジェットコースターで

140センチ以下のため“乗車拒否”され、悔しい思いをした。

中学に入って伸びが止まった山岸も「学校で『チビ』と言われる
のはイヤ」と苦笑いする。

ジェットコースターに乗れないのはつらいけど、体操には
有利なのだから、ぜひ長所を生かして欲しい。

世界選手権での活躍を祈る!




posted by ニュースキャスター at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。