シンクロ・デュエットTRで鈴木絵、原田組が銅メダル

シンクロ・デュエットTRで鈴木絵、原田組が銅メダル獲得!

おめでとう!

鈴木絵、原田組が銅=シンクロ・デュエットTR
3月20日18時32分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000133-jij-spo

これで、日本は銀メダル1個と銅メダル2個になりました。

ところで、テクニカルルーティンとは?

シンクロ競技は、テクニカルルーティンとフリールーティンの
2つの種目があります。

音楽に合わせて自由に演技し、構成力や芸術的な表現力が
問われるのがフリールーティンです。

それに対しテクニカルルーティンは、シンクロの基本となる
技術の完遂度が重要視され、ソロ・デュエット・チーム、
それぞれで決まっている「規定要素」を順番に行っていかなくてはなりません。

今大会からテクニカルーティン、フリールーティンの2種目に
分かれたことにより、テクニカルルーティンのみの順位が
決まります。

日本はシンクロナイズドスイミングを以前から得意としており、
今大会もメダルを獲得しています。

協調性が重視される競技ですから、日本人の気質に合った
スポーツといえるでしょう。

ただ、柔道ほどではないにせよ、メダルを当然視されて
選手たちに過大なプレッシャーは与えないでください。

“お家芸”と言っても、選手たちは入れ替わります。

苦しいだけでなく、どこかに“楽しさ”や“やりがい”を
感じて欲しいですね。

それが結果的にはメダルにつながるのだと思います。



posted by ニュースキャスター at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。